便秘解消には腸に休息を。プチ断食のススメ

便秘の解消には毎日3回の食事を食べるなど、規則正しい生活習慣が大切になります。しかし、連日の食べ過ぎにより胃腸が疲れて、便秘がちになっているケースもあります。そんな人にはプチ断食で胃腸を休めるのもおすすめ。そこで保健師である筆者が、便秘解消に役立つプチ断食についてお伝えします。
08

現代人の腸の疲れを癒す。プチ断食とは

ついつい食べ過ぎや飲み過ぎてしまう傾向にあるのが現代人。テレビではグルメ特集が繰り返され、ビュッフェや食べ放題は人気の外食の一つです。そんな状況下で苦労を強いられてしまうのが、食べ物の消化や排泄を担う胃腸です。

現代人の胃腸はオーバーワーク気味といえます。胃腸が疲れると、消化や排泄といった本来の働きを十分に行えなくなることで、便秘の原因となることもあります。また日頃から食べ過ぎていない人でも、夜更かしをする傾向にある人も注意が必要です。

夕食が遅すぎたり、夜食を食べる機会が増えることで、夜間も胃腸が休むことなく働き続けなければなりません。こちらも胃腸が疲れる原因になります。そこで弱った胃腸を休ませるために行いたいのが「プチ断食」です。

プチ断食は、近年になって注目されるようになったデトックスの実践方法の一つ。プチ断食は半日から1日の間、食事の量や回数を減らすことで、胃腸を休ませ、便をはじめとする腸内の老廃物の排泄を促す効果があります。

本格的な断食では、医師など専門家の下で行う必要がありますが、プチ断食なら健康な人なら自宅で気軽に取り組むことができます。

 

便秘解消に役立つ!プチ断食のやり方

次に具体的にプチ断食の方法について見ていきましょう。プチ断食には、主に次の2つのタイプがあります。

 

半日断食

半日断食は、朝食1回分を抜き、昼食以降に食事を食べる方法です。朝食抜きに慣れてない場合は、ジュースや飴などを摂取してもOKです。

 

週末断食

週末断食は、金曜の夜から日曜にかけて断食を行います。とはいっても、本格的に食事を食べないのは土曜日のみ。金曜の夜は食事を軽めに取り、土曜の断食に備えます。当日である土曜は固形の食事は取りません。気分が悪くなるようなら、ジュースや果物などを取ってもよいでしょう。

最終日である日曜は回復食の日です。最初はおかゆなど消化の良いものから始めます。

 

プチ断食をするうえでのポイント

プチ断食中に注意したいのが、次の点です。

 

断食中は水分を十分取る

プチ断食中に積極的に取りたいのが水分です。断食中は1日に取る食事量が減るので、体の水分も不足しがちになります。体の脱水を防ぐために、断食中は水分を積極的に取るようにしましょう。

 

断食後の食事は消化の良いものを少量取る

プチ断食を終えて、次の食事や回復食の日に、食欲にまかせて食事を大量に取るのは、腸をびっくりさせてしまいます。断食後の食事は、腸を労わるような消化の良い食事を少しずつ食べるようにしましょう。

 

無理はしない

便秘解消のためにプチ断食をする人は、無理は禁物です。断食中は食事量が減ることで、頭がボーっとしてしまうことも。気分が悪くなる場合は、中止するか果物やジュースを取ったりして、ゆるめに行うようにしてください。

特に、3日間にかけて行う断食は週末や休日など、ゆったり過ごせる日を選んで行うようにしましょう。

 

プチ断食はどんな人ができる?

自分で行うプチ断食は健康な成人が行うものです。糖尿病など持病のある人や、妊娠中の女性、成長期の子供は行うのをおすすめしません。病気をお持ちの人で、どうしてもプチ断食を行いたいという人は、担当の医師に相談するか、医師が主催する断食プログラムを利用するようにしてください。

 

青汁はプチ断食におすすめ

プチ断食をする時に利用したいのが、青汁です。青汁は、プチ断食中に不足しがちな水分を補うのに役立ちます。さらに緑野菜が原材料である青汁には、食物繊維が豊富に含まれています。プチ断食の本来の目的である、便をはじめとする腸内の老廃物の排泄を促すのに役立ちます。

プチ断食に青汁を利用すれば、体に必要な水分が摂取できるだけでなく、効率的にデトックスすることができるでしょう。また、市販の青汁は粉末状なので、水で溶かすだけで飲むことができます。

そのためプチ断食中で少し元気が湧かないときでも、簡単に用意することが可能。便秘解消のきっかけにプチ断食を考えている方は、ぜひ青汁を試してみてはいかがでしょうか。

 

結論

食べ過ぎや飲み過ぎる傾向にある人は、胃腸の疲れにより便秘を引き起こしている可能性もあります。プチ断食は、疲れた胃腸を休ませることで、胃腸本来の消化や排泄機能を高めるのに役立つ効果があります。

便秘がちの人で普段から食べすぎてしまう人は、プチ断食をしてみてはいかがでしょうか。

関連記事