ヨーグルトだけじゃなかった!乳酸菌のいろいろ

便秘を解消するのに役立つとされる乳酸菌を含むヨーグルト。毎日すっきりと快便をするために、積極的にヨーグルトを食べている人もいることでしょう。実はヨーグルト以外の身近な食品にも乳酸菌は含まれています。

そこで保健師である筆者が、乳酸菌を多く含む食品や乳酸菌の働き、最近話題の乳酸菌についてお伝えします。
09

乳酸菌は他の食品にも含まれている

乳酸菌というとヨーグルトを思い浮かべる人が多いと思います。実は身の回りの食品にも乳酸菌は含まれています。気づかない間にも食品を通して乳酸菌を摂取していることも。その食品というのが発酵食品です。

発酵食品は、乳酸菌やその他の菌に働きにより食材が発酵したことで、保存が効くだけでなく、味や風味も増した食品です。乳酸菌を含む具体的な発酵食品には次のものがあります。

  • 味噌、麹
  • ぬか漬け、ザーサイ、キムチ
  • チーズ
  • 甘酒 など

それぞれの食品を見れば分かるように、発酵食品は地域に根差した伝統的な食材にもなっていることも多いという特徴があります。乳酸菌の働きを知らない古い時代からも、人類が発酵食品を通して乳酸菌を取り入れてきたことが分かります。

乳酸菌を取りたいのなら、ヨーグルトだけでなく紹介した食品も上手に取り入れるのもおすすめです。

 

胃の中で死んでしまう乳酸菌

便秘を予防するために食べている食品の中の乳酸菌。実は多くの乳酸菌が、胃の中に入ったあとに、胃酸や胆汁など消化液の作用を受けて死んでしまいます。乳酸菌が腸に届くのに死んでしまうのなら、効果がないというわけではありません。

乳酸菌は死んで届いても、食物繊維のように腸内にもともと住んでいる善玉菌のエサとなります。その結果善玉菌が元気になったり増えたりすることで、腸内環境を整えることができるのです。

 

生きたまま腸まで届く!プロバイオティクス

最近見かけることが多くなったプロバイオティクスの食品です。プロバイオティクスは、胃酸にも負けない乳酸菌が含まれています。プロバイオティクスは腸内に生きたままたどりついた後に増殖することができるので、腸内環境を整えるのに役立ちます。

実際に、プロバイオティクスに関する研究では、下痢や便秘を予防する効果が確認されています。その他にも、腸には免疫物質を作る役割があることから、アレルギーや感染症を予防する働きが期待されています。

また、腸内の善玉菌が優位になることから、悪玉菌が減ります。悪玉菌が減ると。腸内で作られる健康な有害な物質も減少するので、がんや生活習慣病のリスクを減らす可能性もあるのではないかとされています。

最近では、多くのメーカーからプロバイオティクスが含まれているヨーグルトや乳酸飲料が展開されています。乳酸菌に興味のある人は、プロバイオティクスを試してみてもよいでしょう。

ちなみに、プロバイオティクスで摂取した乳酸菌はいつまでも腸内に留まるというわけではないそう。腸内環境を整えるためにプロバイオティクスを含んだ食品を食べるのなら、毎日継続して摂取することをおすすめします。

 

腸の中にいる乳酸菌はどのような働きがある?

生きたまま腸内まで届くプロバイオティクスを知ったところで、気になるのが腸内にいる乳酸菌の働きです。乳酸菌は具体的にどのようにしてお腹を整えるのか見ていきましょう。

乳酸菌は腸の中で酢酸や乳酸を作ります。これにより、同じく腸内にいる悪玉菌の増殖を抑えることができるので、腸内環境を良くする働きがあります。また乳酸菌の作る酸自体が、腸を刺激することで、便の移動もスムーズに行われるようになります。

その他にも乳酸菌はビタミンを作るなど、人間の健康に深い関わりのある菌なのです。

 

乳酸菌が含まれている青汁もある

便秘の予防に乳酸菌を取り入れたいのなら青汁もおすすめ。青汁と乳酸菌は一見関係のないような気がします。実は市販の青汁の中には、乳酸菌入りのものがあるのです。あるメーカーの青汁では、青汁1杯あたり100億個の乳酸菌が含まれているそう。

緑色野菜からできている青汁には食物繊維も含まれているので、ダブルで便秘対策を行うことができます。乳酸菌を取り入れて、便秘を解消しようと考えている人も、青汁を取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

結論

ヨーグルトや発酵食品に含まれている乳酸菌には、便秘を予防する効果があります。乳酸菌の多くが胃内で死滅してしまいますが、最近では、腸まで生きたまま届く乳酸菌である「プロバイオティクス」が含まれた乳製品も販売されています。

便秘で悩んでいるあなたも、乳酸菌入りの食品を取り入れて、症状の改善に役立ててみてはいかがでしょうか。

関連記事