あなたはどのタイプ?便秘といっても種類がある

便秘とひとくちにいっても、原因別に種類があり症状も異なります。自分の便秘の種類を知ることは、便秘の原因の改善に役立てることができます。ここでは保健師である筆者が、便秘の種類や原因や症状について紹介します。
03

器質性便秘

便秘の種類は大きく2つに分かれ、そのうちの1つが「器質性便秘」と呼ばれています。器質性便秘は病気が原因で起こるもので、具体的な原因には次のものがあります。

  • 生まれつき腸の構造に異常があって便秘となっている場合
  • 腸閉塞や大腸がんなど腸の病気が原因で、腸管が狭くなっている場合

特に、後天的な病気が原因で便秘になる器質性便秘は、病気が治療することで症状を改善させることができます。また、器質性便秘では、症状の一つに便秘が現われていることがあります。

長い間便秘に悩まされていたり、血便などその他の症状がある場合は、たかが便秘と安心せずに、早めに専門医を受診することで、病気の早期発見や早く治療を開始することにつながります。

 

機能性便秘

機能性便秘は、食生活や運動などの生活習慣の乱れが原因で腸の機能が低下することで起こる便秘です。身近に見られる便秘は、この機能性便秘が原因であることが多くなります。機能性便秘は原因別に、次の3つに分けられます。

 

弛緩性便秘

弛緩性便秘は、腸の動きが弱まることで起こる便秘です。便は、腸の動きに特に連動して腸内を進んでいきます。そのため、腸の動きが弱まると、便の移動が滞り便秘になるのです。弛緩性便秘は、運動不足や筋力の少ない女性や高齢者に多く見られるという特徴があります。

 

けいれん性便秘

けいれん性便秘は、ストレスなどで自律神経が乱れたときに起こる便秘です。旅行など環境が変わったときに起こる便秘が、けいれん性便秘になります。腸の動きが活発になりすぎることで、腸内で便がスムーズに移動することができずに便秘になります。また、必要以上に腸が動くことで下痢を起こしたり、便秘と下痢を交互に起こすことも。

 

直腸性便秘

直腸性便秘は、排便を我慢することで起こる便秘です。一般に直腸に便がたまると、その刺激が脳に伝わり、脳より排便するように指令が出ます。ここで排便を我慢すると、直腸に便がたまっても、脳が刺激に反応しなくなり、便秘の原因となることがあります。

 

あなたはどのタイプ?便秘の種類によっても便は違う

原因によって異なる便秘の特徴は、症状や便の形にも現れます。以下に機能性便秘の種類別の症状や対策方法について挙げていきます。

 

弛緩性便秘

弛緩性便秘では腸の動きが弱くなるので、腸内での便の動きが滞るようになります。大腸では、水分の再吸収が行われています。そのため、腸の中の便の移動がスムーズに行かなくなると、水分が奪われるので固めの便になっていきます。

弛緩性便秘は、運動やお腹の筋力をつけることによって、腸の動きを促し、便秘を改善させることができます。また、食事では、食物繊維を多く含む食品や水分を十分取るようにすることが大切です。特に、現代人の1日の食物繊維の摂取量は不足しているといわれています。

野菜や果物を意識して食べるだけでなく、青汁など食物繊維を含むドリンクを飲むのも便秘の改善に役立つでしょう。

 

けいれん性便秘

便は腸内に進むにつれ、形作られるものです。けいれん性便秘では、腸の動きが活発になりすぎるため、うまく便を形成することができません。そのため、けいれん性便秘の便は、ウサギの糞のようにコロコロとしているという特徴があります。また、腸がさらに活発になれば下痢になることも。そのため、けいれん性便秘では腹痛をともなうことがあります。

けいれん性便秘の対策は、原因となる心理的ストレスを緩和することが大切になります。けいれん性便秘は、水溶性食物繊維や発酵食品など腸内環境を整えることも効果があります。

 

直腸性便秘

直腸性便秘では、直腸に便がたまるので、便が太く固くなる傾向があります。特に、直腸性便秘では水分が少なくなった便がたまり、そこから水分の再吸収が起こるので、その他の便秘より一層固くなる傾向があります。

自力で排便できない直腸性便秘では、浣腸や指で便を取り出す処置をすることがあります。直腸性便秘を防ぐには、日頃から排便をがまんしないことが大切になります。生活習慣と一緒に毎日の排便習慣を整えましょう。

特に朝食を食べることは、大腸が目覚めて動き出すきっかけを作ることに効果があります。毎朝忙しい人は、早めに寝て、きちんと朝食を取れるように余裕を持った時間に起きることも大切です。

 

結論

便秘には原因によって種類があります。便秘の種類を知ることは、便秘の改善に役立つものです。自分の生活習慣や便の形状をチェックしてみて、自分の便秘の種類を知って、それに合わせた対策をしていきましょう。

関連記事